読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷いませんか?

プログラミング、電子工作、ゲーム・・・etc、色々やるけど中途半端なブログです。

泣きそう

C/C++ プログラミング 備忘録

辛い

辛い
とてもつらい
泣きそうである
前回ワーニングを直したらまたsegfault、
そしてそれを直すとクラスのメンバ変数を増やすとabort、もどすと直る謎のエラー
どうなってんの
とりあえず、コードはgithubに置いときますから心優しき者はデバッグしたまえ

どうかよろしくお願いします・・・

とりあえず、gdbの万能さを知ったのでそれをここで示す
まさかsegfaultまで特定できるとは思ってなかった

まず、もちろんのことだけどオプションに-gをつけてコンパイルする
そしたらulimit -c unlimitedというコマンドを実行し、プログラムを実行する。
そしてsegfaultが起きる条件を満たさせ、起こす
するとカレントディレクトリにcoreというファイルができているはずなので、 gdb main coreとやりgdbを起動させる、mainはプログラムの名前

適当に(gdb) btとしたら
ズラーーーーーッ!!!!っとなんか#1 〜〜〜〜〜とかなって並ぶけど、
その中から自分が書いているプログラムの番号を選び
順番にframe 10とかやっていく、もしも原因がそこならばコードが出てくるので
だいたいそこが原因だと思う
じゃなければ知らないし、むしろこちらが教えてほしい

ダレカーデバッグシテクダサイー